海外パーツの取り寄せをするときは為替が影響

日本には多くのハーレーパーツショップがあります。海外にもいくつかあって日本には輸入されていないパーツを購入することができます。
海外のパーツを購入するときはカタログを見て好きなパーツを選ぶ事が可能です。

基本的に海外のパーツを取り寄せるときには為替に注意が必要です。
為替は輸入リスクに関係するものなので海外から商品を取り寄せるときには知っておく必要があります。日本国内では基本的に円が使われていますがヨーロッパではユーロという通貨が適用されています。それぞれの国により使用できる通貨が違うので、日本円を他の国の通貨に交換をします。
外国通貨同士の交換をする行為を為替と呼んでいます。

例えばアメリカからハーレーのパーツを取り寄せるときには円をドルに交換する必要があります。100円に1ドルの価値があるとき、自分の持っている100円は1ドルに交換できます。いくらの金額をいくらに交換できるのかが輸入商品の購入をするとき大きく関係するので注意しておきましょう。相場が大きく変化したときに通貨を交換すると、場合によっては損をする可能性があります。

例えば1ドル100円のときに50ドルのパーツを輸入するとします。すると本円で5,000円を支払うと50ドルのパーツを購入する事ができます。ところが1ドル150円になったときに50ドルのパーツを購入する場合、日本円の5,000円では足りないため購入できません。
為替相場の影響によりハーレーパーツの購入費用が大きく変動するので注意が必要です。

ポイントになるにはどのようなタイミングでハーレーパーツを購入すると得をするのかという部分です。
基本的に円高になると円の価値が高まります。
そのため円高になったときに、海外のハーレーパーツを購入しましょう。